相続の相談をするなら
司法書士?税理士?弁護士?

生前にやっておきたい相続の準備や相続発生時の手続き、相続トラブル解決には専門知識が必要なことが多いため、専門家に相談のうえ手続きすることが重要です。
専門家によっても対応できる内容が違うので、自分の相談したい内容から相談先を選びましょう。

【悩み別・相談すべき専門家】滋賀でおすすめの相続専門サイト紹介

生前の相続対策なら
司法書士・行政書士

相続遺言相談所
(司法書士法人F&Partners)
相続遺言相談所公式HP|滋賀の相続専門サイト
引用元:相続遺言相談所公式HP(http://www.souzokuigon.jp/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割

相続税の相談なら
税理士

滋賀・大津相続サポートセンター
(税理士法人北浜・中西会計)
滋賀・大津相続サポートセンター公式HP|滋賀の相続専門サイト紹介
引用元:滋賀・大津相続サポートセンター公式HP(https://www.shiga-zeirishi.jp/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割

相続トラブルの相談なら
弁護士

遺言・相続解決サポート
(あい湖法律事務所)
遺言・相続解決サポート公式HP|滋賀の相続専門サイト紹介
引用元:遺言・相続解決サポート公式HP(https://kaiketu-souzoku.com/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割
当ページの監修者情報
監修者:福谷陽子元弁護士
福谷陽子元弁護士

弁護士時代には多数の遺産相続トラブル解決に携わった。その経験から遺産相続問題に対する関心が深く、遺言や遺産分割を始めとした多種多様な相続問題に関する情報発信に積極的に取り組む。ライターとして多くの相続メディアで執筆・監修を行っている。

※福谷洋子元弁護士は各詳細記事を除く当ページのみの監修

相続相談をする専門家の正しい選び方とは?

生前にできる相続対策なら

遺言書作成

遺言書を作成すると言っても、誰に依頼をすればいいのか分からないことが多々あります。もちろん、自分一人で遺言書を作成する方法もあります。しかし、その場合は遺言書が有効になるための要件を満たさなければならないなど、一般の人にはハードルの高い作業です。そのため、遺言作成に注力している各事務所に相談して作成することが、安心して確実に遺言を残すことのできる有効な手段と言えるでしょう。

・不動産を含む場合は司法書士
遺言作成については希望する条件や状況によって依頼先が異なります。例えば、相続財産の中に不動産が含まれる場合や、遺言書の中に不動産を含めたい場合には「司法書士」、相続をする中で揉めてしまう可能性のあるような場合には「弁護士」に依頼すべき。

・相続税を抑えたい場合は税理士
また、遺言書作成時の費用を抑えたい場合や、相続税の申告までは必要ない程度の相続の場合は「行政書士」に依頼。件数としてはあまり多くありませんが、「税理士」も遺言作成に対応しています。税理士には、主に相続税の申告が必要な場合や相続税を抑えたい場合に依頼すると良いでしょう。

生前贈与

生前贈与とは、相続する方が生きているうちにその財産を少しずつ次の世代に移していくことを指します。贈与税の非課税枠や控除制度を有効に利用し、年月をかけて移していく方法。生前贈与を有効に活用することで相続税対策をすることが可能になります。

・相続税対策なら税理士
複雑な手続きが必要な生前贈与ですが、生前贈与の相談先としては「税理士」や「司法書士」が挙げられます。相続税対策として有効な方法を相談する場合には「税理士」、相続財産の中に不動産が含まれる場合や不動産の登記・名義変更などが必要な場合には「司法書士」に相談すると良いでしょう。

また、税理士と司法書士は双方に連携している場合が多く、共同運営によるワンストップサービスで対応するグループも存在します。間違った方法を取ると、何年もかけて生前贈与を行ったのに、効果が認められない場合もありますので、専門家に相談しながら行うことをおすすめします。

相続税対策や相続税の申告なら

相続税対策

相続が発生したときには、相続税という税金がかかってきます。引き継ぐ相続財産や相続人の数によって税額は変わってきますが、場合によっては相当な相続税が発生する可能性もあります。

・相続税対策で代表的な生前贈与
相続税申告・納付は期間が定まっているため、突然のことに慌てないためにも、事前に相続税対策をしておきましょう。相続税対策としてまず挙げられるのは「生前贈与」です。その他、不動産購入による節税、生命保険を活用した相続税対策などもあります。

対策方法によっても相談先は変わってきますが、まずは税務の専門家である「税理士」に相談したうえで、適切な相続税対策を検討しましょう。

相続税申告

相続税は、誰でも申告が必要なわけではありません。相続金額の総額が3,600万円以下であれば、そもそも相続税の申告は必要ありません。また、3,600万円以上であっても、基礎控除枠内であれば相続税の申告の必要はありません。

相続税における基礎控除額とは「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で計算される金額です。つまり、法定相続人の人数によっても、相続税の申告が必要か否か変わります。

・税法改正により相続税申告の対象者増加
国税庁の公表する平成29年分の相続税の申告状況によると、相続が発生した人のうち約9人に1人が相続税の申告が必要であると言われています。相続額が3,000万円に近い場合は、相続税の申告には専門家である「税理士」に相談し、相続税の申告が必要か否かをきちんと判断した上で手続きを進めましょう。

遺産相続トラブルや遺留分減殺請求なら

遺産分割

相続発生後、「遺産分割がまとまらない」「遺産分割でモメている」という話を聞いたことはないでしょうか。相続財産を把握できない、相続人だけでなく関係者(相続人の妻等)の意見が入ってきて話の折り合いがつかない、相続人の納得が得られず話がまとまらない、といったことで遺産分割が進まないというケースが多々あります。相続の中でもこういったトラブルになる案件は年々増えていて、弁護士が関わるケースも多数あります。

・第三者の介入がカギ
相続問題では感情的になりやすいため、「弁護士」を代理人として入れることが非常に有効。客観的な視点から、相続人全員が納得のできるような方向で問題解決をして、相続を円満におさめるサポートをしてくれます。

遺留分減殺請求

相続問題の揉めるケースの一つに「遺留分減殺請求」があります。法定相続人には最低限相続できる範囲が決まっていて、その範囲のことを「遺留分」と言います。

遺留分は、基本的に遺産全体の2分の1、法定相続人が父母の場合は3分の1です。遺言などで『相続財産を全て第三者に相続する』といったような内容になっていると、本来の法定相続人が相続財産を受け取れなくなってしまいます。この時、法定相続人の遺留分だけを相続するのが遺留分制度の目的。遺留分を取り戻すための方法が「遺留分侵害額請求」です。

・相続トラブルなら弁護士
法律で決まっている制度とはいえ一度渡ってしまった財産を取り戻すことは簡単なことではありません。お金が絡む問題はスムーズに解決できないことが多くいので、当事者同士の話し合いではなく「弁護士」が間に入って進めることが問題を解決する糸口になるでしょう。

滋賀でおすすめの
相続で相談すべき専門家を紹介

遺言書とは?

遺言書とは、その人(遺言者)が生涯をかけて築き上げてきた財産を、死後にも有意義に活用してもらうなど、遺言者の最後の意思を表した書類です。財産の承継によって、相続人同士で争いなどが起きないように、遺言者自らが財産の帰属をあらかじめ決めて記しておくことが可能です。

遺言書には大きく分けて「自筆証書遺言」、「公証証書遺言」、「秘密証書遺言」の3種類があります。

成年後見制度とは?

成年後見制度とは、認知症や知的障害などによって、判断能力が十分にない状態の人が生活上で不利益を被らないように、家庭裁判所の監督のもと、成年後見人が本人に代わって財産管理を行う制度です。

成年後見人は、本人に代わって財産管理や身上監護に関する決定をします。 成年後見人制度には、「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類があります。

生前贈与とは?

生前贈与とは、相続する人(被相続人)が生きているうちに、その財産を次の世代に移していくことを指します。贈与税には多くの控除制度が設けられており、非課税枠も有効に使えるため、相続税対策に有効な方法のひとつと言えます。

暦年贈与という方法で、年月をかけて財産を承継していくのがオーソドックスな節税方法です。しかし、正しい手続き方法を取らずに、相続税申告の段階になって間違いに気づく方も多いのが現状です。

生前の相続対策の相談先

トラブルを回避するための遺言作成や相続税対策、遺産整理など生前にやっておきたい相続対策はさまざまです。それぞれに適した専門家に相談し、円滑な相続が行えるよう準備しておくことが重要です。

相続人調査とは?

相続人調査とは、相続開始後すぐに行う相続人に関する調査で、誰が法定相続人になっているのかを明らかにします。戸籍を収集したうえで相続関係説明図を作成します。関係者を把握し、全ての相続財産がどれだけあるかを確認しないと、遺産分割に進むことができません。

相続人調査を自分たちで行うことも可能ですが、大変手間がかかるうえ、専門的な法律知識も必要なため、税理士や司法書士といった専門家に依頼するケースも多数あります。

相続財産調査とは?

相続財産調査とは、相続財産全てを把握するための調査です。遺産分割手続きに進んだあとで揉めないためにも、相続財産全体をきちんと把握しておくことは重要なことです。

税理士や司法書士といった専門家が代行して行うことが多いですが、内容によっては相続財産に含まれるのか含まれないのか判断に迷うケースもあり、弁護士が介入して財産調査を行う場合もあります。

相続放棄とは?

相続放棄とは、法定相続人が家庭裁判所に申述をして、認められると最初から相続人ではなかったことにしてもらえる、法的な手続きです。

相続放棄が認められると何も相続しないので、相続財産の中に負債があったとしてもそれを引き継ぐ必要はありません。なお、相続放棄と似た言葉に「分割協議における財産放棄」というものがありますが、これには法的拘束力はなく、相続債権者からの請求があった場合には支払いに応じる必要があります。

相続税申告とは?

相続税の申告は、誰もが必要なわけではありません。相続金額の総額が3,600万円以下の場合、もしくは3,600万円以上であっても、全体の相続財産評価額が基礎控除額内である場合は相続税の申告は必要ありません。

相続税における基礎控除額とは「3000万円+600万円×法定相続人の数」で計算される金額です。相続税は相続財産の総額から、葬式代や基礎控除額を引いた金額に課税され、期日内にそれを申告・納税します。

相続税申告で活用したい「書面添付制度」とは?

書面添付制度とは?

書面添付制度とは、税理士が税務署の代わりに、預貯金の入出金や家族名義預金などの有無について、納税者に質問や通帳等の確認を行い、作成した申告書に書類を添付して提出する制度です。

書面添付制度のメリット

相続税は「申告納税さえしたら終了」というわけにいきません。数年以内に相続税申告をした方の4分の1に対して税務調査が入るといわれています。税務署からの事前調査通知を受け、修正申告等を行って支払う税金の例をあげてみましょう。

・納めた相続税が少なかった「過少申告」 納付すべき税額に5%(期限内申告税額と 50 万円のいずれか多い額を超える部分は 10%)
・申告期限内に申告しなかった「無申告」 納付すべき税額に 10%(50 万円を超える部分は 15%)

こうした税務署からのペナルティを事前に防ぐことができための手法が「書面添付制度」。

税務署は税理士から提出された書類をもとに税務調査が必要か判断し、税務調査をする前に税理士に意見を聴取します。きちんとした書類が作られていると、税務署が「税務調査の必要なし」と判断し、税務調査が行われない可能性が高くなります。

書面添付制度が普及しない理由とは?

税理士の業務は「企業決算」「節税対策」「銀行借り入れなどの資金調達」「個人の確定申告」「相続・贈与」「税務調査」など、さまざまなカテゴリに分かれ、それぞれの税理士に得意な分野があります。書類添付制度は「相続・贈与」「税務調査」に対応する業務ですが、苦手とする税理士も少なくありません。

相続税申告書に添付する資料作成には膨大な手間がかかり、万一申告書に不備があった場合に、税理士の責任が問われる可能性もあります。こうしたリスクから、書面添付制度に力を入れていない税理士が多いのです。

「書面添付制度」が正確な相続税申告のカギ!

書面添付制度を利用する際、添付資料の「質」によって税務調査が入る可能性が変わってきます。そこで相続税申告を成功させるには、相続や贈与を「相続」を専門としている税理士に依頼することが大切です。

「書類添付」を通常プランに組み込んでいる税理士であれば、相続税申告に自信を持っているといえるので、比較的安心です。そうした税理士の名かから、各事務所のプラン内容を詳しく調べて依頼先を選びましょう。

相続税の申告・対策の相談先

2015年の税制改正に始まり、2019年には税制改正大綱が公表され、相続税や贈与税なども大きく変わった点があります。正確な相続税の申告や節税につながる相続税対策については、「税」の専門家である税理士に相談し、円滑な相続が行えるよう準備しておくことが重要です。

【よくあるトラブル:その1】遺産分割トラブル

相続に際し遺産分割がまとまらない、遺産分割で揉めているという話を聞いたことはないでしょうか。遺産分割トラブルでよく起こるのは、親世代が他界して子ども達が遺産分割するケース。それまでは、母親などが兄弟姉妹の話し合いをまとめていた場合でも、その親が他界すると話をまとめる人がいなくなって、トラブルに発展するパターンです。

【よくあるトラブル:その2】土地・不動産の相続トラブル

遺産分割がまとまらない要因の一つに不動産があります。相続財産が土地や不動産だけしかない場合、特に相続トラブルが起こりやすい状況といえます。

相続する財産が、土地や不動産だけの場合には、その相続財産を誰が相続するのかというところでモメてしまいがちです。土地や不動産の評価方法はさまざまですし、分け方も複雑なので、トラブル要因になりやすいのです。

税務調査とは?

相続税に関する税務調査とは、相続税に申告漏れがなかったか確認する調査です。多くの場合、事前に税務署から調査を行う旨の連絡が入り、任意調査が行われます。

具体的には不動産の状況や過去10年程度の預貯金の入出金状況、生命保険の支払履歴等について調査が行われた上で、実地調査が行われます。

また、相続税の申告が行われていない場合にも、本当に申告の必要ないケースかといった調査が実施される可能性があります。

相続税の申告漏れによるペナルティとは?

相続税の申告期限は、相続発生時から10ヶ月以内と決まっていますが、納付についても同じく10ヶ月以内となっています。相続税の申告が済んだあとに隠し財産や趣味で集めていた骨董品などの新たな遺産が見つかった場合には、確認でき次第修正申告が必要です。

申告漏れ、無申告、不払いなどがあった場合にはペナルティが発生し、延滞税や過少申告課税、無申告課税、重加算税などが発生する可能性が高くなります。

相続トラブルの相談先

遺産相続トラブルによる調停や裁判は年々増加傾向にあります。相続を円滑に進めるには、相続人全員が納得のできる方向で問題解決をはかることがとても大事になってきます。相続が「争続」にならないためにも、「法律」の専門家である弁護士に相談し、円滑な相続が行えるよう準備しておきましょう。

相続に注力する滋賀の専門家を紹介

相続に関する相談を受け付けている司法書士・行政書士・税理士・弁護士は多数存在しますが、ここでは、滋賀県で相続に注力している各事務所の相続専門サイトを紹介します。

無資格者が、登記手続きの申請書類作成・申請の代行や相談を業務として行うことは、法律で禁止されています。

滋賀司法書士会に登録されている司法書士は231名、滋賀県行政書士会に登録されている行政書士は459名。その中でも、相続専門サイトを作成して力を入れている事務所を紹介します。(2019年9月時点での調査より)

おうみ@法務事務所

滋賀・彦根相続遺言相談センター(おうみ@法務事務所)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:滋賀・彦根相続遺言相談センター公式HP(https://www.shiga-souzoku.com/)

滋賀・彦根相続遺言相談センター

  • 事務所所在地:
    滋賀県彦根市大東町2-39 MSビル4F
  • 対応エリア:
    彦根市・大津市・草津市・野洲市・守山市・東近江市・
    近江八幡市・甲賀市・湖南市・栗東市・米原市・長浜市・高島市
  • 電話番号:
    0120-630-649

かつき司法書士事務所

相続手続インフォメーション(かつき司法書士事務所)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:相続手続インフォメーション公式HP(http://www.souzoku-tetsuduki.jp/)

相続手続インフォメーション

  • 事務所所在地:
    滋賀県栗東市目川1557
  • 対応エリア:
    滋賀県(大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、東近江市、近江八幡市など)、その他京都府、大阪府に対応
  • 電話番号:
    077-598-5466

司法書士青木脩平事務所

司法書士青木脩平事務所公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:司法書士青木脩平事務所相続専門サイト(https://souzoku-shiga.site/)

司法書士青木脩平事務所-相続専門サイト

  • 事務所所在地:
    滋賀県大津市今堅田2-36-2 今堅田ビル2F
  • 対応エリア:
    滋賀県、京都府
  • 電話番号:
    077-572-8140

司法書士法人あいリーガル

滋賀・守山 相続遺言サポートセンター(司法書士法人あいリーガル)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:滋賀・守山 相続遺言サポートセンター公式HP(http://yuigon-partners.com/shigamoriyama/)

滋賀・守山 相続遺言サポートセンター

  • 事務所所在地:
    滋賀県守山市守山6-6-12
  • 対応エリア:
    滋賀県全域
  • 電話番号:
    077-582-3245

司法書士法人equal

滋賀相続相談所(司法書士法人equal)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:滋賀相続相談所公式HP(https://shiga-souzoku.net/)

滋賀相続相談所

  • 事務所所在地:
    (草津事務所)滋賀県草津市西大路町6-2
  • 対応エリア:
    大津市、高島市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、近江八幡市、東近江市、蒲生郡、彦根市、愛知郡、犬上郡、米原市、長浜市に対応
  • 電話番号:
    077-575-1445

司法書士法人F&Partners

京都・滋賀 相続遺言相談(司法書士法人F&Partners)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:京都・滋賀 相続遺言相談公式HP(http://www.souzokuigon.jp/)

京都・滋賀 相続遺言相談

  • 事務所所在地:
    滋賀県草津市野村1-2-16
  • 対応エリア:
    滋賀県(大津市、湖北地域、湖東地域、東近江地域、南部地域、甲賀地域)、その他京都府、大阪府、東京都を中心に全国対応
  • 電話番号:
    0120-256-771

たけまえ司法書士事務所

滋賀・草津相続遺言相談センター(たけまえ司法書士事務所)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:滋賀・草津相続遺言相談センター公式HP(http://www.siga-sozoku.net/)

滋賀・草津相続遺言相談センター

  • 事務所所在地:
    滋賀県草津市草津3-10-19 草津市管工事協同組合会館3F
  • 対応エリア:
    草津市を中心に栗東市、守山市、近江八幡市、野洲市、大津市周辺に対応
  • 電話番号:
    077-516-8001

西澤司法書士事務所

しが相続・遺言相談室(西澤司法書士事務所)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:しが相続・遺言相談室公式HP(https://www.nishizawa-sozoku.com/)

しが相続・遺言相談室

  • 事務所所在地:
    滋賀県東近江市八日市上之町1-53
  • 対応エリア:
    東近江市八日市周辺に対応
  • 電話番号:
    0748-23-2430

優司法書士法人

相続放棄専門サイト(優司法書士法人)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:優司法書士法人-相続放棄専門サイト(http://souzoku.you-office.com/)

優司法書士法人-相続放棄専門サイト

  • 事務所所在地:
    滋賀県草津市野路1-8-18 e.e,ビルディング10F
  • 対応エリア:
    滋賀県(守山市、大津市、栗東市、野洲市など)を中心に京都府にも対応
  • 電話番号:
    077-516-0331

日本税理士会連合会によると、全国7万7000人が登録されている税理士。近畿税理士会に属している滋賀県の支部は大津支部、草津支部、近江八幡支部、長浜支部、今津支部、水口支部、彦根支部の7つに分かれ、大津支部では167名、草津市部では145名が登録。その中でも、相続専門サイトを作成して力を入れている事務所を紹介します。(2019年9月時点での調査より)

梅山税理士法人

梅山税理士法人-相続専門サイトキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:梅山税理士法人-相続専門サイト(http://umeyama.or.jp/)

梅山税理士法人-相続専門サイト

  • 事務所所在地:
    滋賀県草津市野路1-8-18 e・eビルディング11F
  • 対応エリア:
    草津市周辺エリアに対応
  • 電話番号:
    077-569-1714

OMI税理士法人

相続専門オフィス(OMI税理士法人)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:相続専門オフィス公式HP(https://souzoku-zouyo.com/)

相続専門オフィス

  • 事務所所在地:
    滋賀県大津市梅林1-4-1 プレシャスビル
  • 対応エリア:
    滋賀県(大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市など)、その他大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県に対応
  • 電話番号:
    077-522-0120

税理士法人北浜・中西会計

滋賀・大津相続サポートセンター(税理士法人北浜・中西会計)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:滋賀・大津相続サポートセンター公式HP(https://www.shiga-zeirishi.jp/)

滋賀・大津相続サポートセンター

  • 事務所所在地:
    滋賀県大津市中央3-4-28
  • 対応エリア:
    大津市を中心に滋賀県全エリア対応
  • 電話番号:
    0120-355-860

税理士法人Grow Up

滋賀相続相談所(税理士法人Grow Up)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:滋賀相続相談所公式HP(https://shiga-souzoku.net/)

滋賀相続相談所

  • 事務所所在地:
    (草津事務所)滋賀県草津市西大路町6-2
  • 対応エリア:
    大津市、高島市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、近江八幡市、東近江市、蒲生郡、彦根市、愛知郡、犬上郡、米原市、長浜市に対応
  • 電話番号:
    077-575-1445

ひかり税理士法人

ひかり税理士法人-相続専門サイトキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:ひかり税理士法人-相続専門サイト(http://www.hikari-supporter.com/)

ひかり税理士法人-相続専門サイト

  • 事務所所在地:
    (滋賀事務所)滋賀県草津市大路1-15-5 ネオフィス草津501号
  • 対応エリア:
    滋賀県全域(大津市・草津市・守山市・栗東市・野洲市・甲賀市・湖南市・東近江市・近江八幡市・日野町・竜王町・彦根市・愛荘町・ 豊郷町・甲良町・多賀町・米原市・長浜市・高島市)に対応
  • 電話番号:
    077-598-0510

安村税理士事務所

相続贈与安心事務所(安村税理士事務所)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:相続贈与安心事務所公式HP(https://tax-gion.com/)

相続贈与安心事務所

  • 事務所所在地:
    滋賀県大津市唐崎1-20-27
  • 対応エリア:
    京都府・滋賀県(大津市)に対応
  • 電話番号:
    077-578-5615

山﨑税理士事務所

山﨑税理士事務所-相続専門サイトキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:山﨑税理士事務所-相続専門サイト(http://www.yamazaki-souzoku.com/)

山﨑税理士事務所-相続専門サイト

  • 事務所所在地:
    滋賀県彦根市日夏町1675-1
  • 対応エリア:
    滋賀県(大津市、草津市、彦根市、長浜市、東近江市、近江八幡市、守山市、栗東市、野洲市、湖南市、高島市、甲賀市、日野町、竜王町、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町、米原市)に対応
  • 電話番号:
    0120-282-533

滋賀弁護士会に所属する弁護士は152名。その中でも、相続専門サイトを作成して力を入れている事務所を紹介します。(2019年9月時点での調査より)

弁護士法人あい湖法律事務所

遺言・相続解決サポート(弁護士法人あい湖法律事務所)公式HPキャプチャ|滋賀の相続なび 引用元:遺言・相続解決サポート公式HP(https://kaiketu-souzoku.com/)

遺言・相続解決サポート

  • 事務所所在地:
    滋賀県大津市京町3-3-1 A&M・OTSUビル
  • 対応エリア:
    滋賀県、京都府、大阪府、岐阜県、福井県、石川県、富山県などに対応
  • 電話番号:
    0120-001-694

相続税対策の手法はさまざま

相続が発生したときには、相続税という税金がかかるケースがあります。引き継ぐ相続財産や相続人の数によって相続税額は変わってきますが、場合によっては相当な相続税が発生する可能性もあります。

相続税申告・納付は期間が定まっているため、いざ支払いというときに慌てないためにも、事前に相続税の対策が必要です。相続税対策としてまず挙げられるのは「生前贈与」です。他にも、不動産購入による節税、生命保険を活用した相続税対策方法などがあります。

滋賀県の相続に関する書類提出先

相続では数多くの書類の申請や提出が必要になります。各金融機関や銀行、証券会社をはじめ、各市町村役場、法務局や税務署、相談事務所など、各地の店舗や出張所・支局でも対応可能なところがあるので、事前に確認しておきましょう。

滋賀県の法務局一覧

大津地方法務局 本局

所在地:滋賀県大津市京町3-1-1(大津びわ湖合同庁舎)
電話番号:077-522-4671

草津法務局証明サービスセンター

所在地:滋賀県草津市草津2-15-36
電話番号:077-522-4671(本局代表)

守山法務局証明サービスセンター

所在地:滋賀県守山市吉身2-5-22(守山市役所1F)
電話番号:077-522-4671(本局代表)

甲賀支局

所在地:滋賀県甲賀市水口町水口5655
電話番号:0748-62-0259

彦根支局

所在地:滋賀県彦根市西今町58-3(彦根地方合同庁舎)
電話番号:0749-22-0291

長浜支局

所在地:滋賀県長浜市八幡東町253-4
電話番号:0749-62-0503

高島出張所

所在地:滋賀県高島市今津町住吉1-3-1
電話番号:0740-22-2352

東近江出張所

所在地:滋賀県東近江市八日市緑町8-17
電話番号:0748-22-0494

滋賀県の税務署一覧

今津税務署

所在地:滋賀県高島市今津町住吉1-5-10
電話番号:0740-22-2561
管轄地域:高島市

近江八幡税務署

所在地:滋賀県近江八幡市桜宮町243-2
電話番号:0748-33-3141
管轄地域:近江八幡市、東近江市、蒲生郡

大津税務署

所在地:滋賀県大津市京町3-1-1(大津びわ湖合同庁舎)
電話番号:077-524-1111
管轄地域:大津市

草津税務署

所在地:滋賀県草津市大路2-3-45
電話番号:077-562-1315
管轄地域:草津市、守山市、栗東市、野洲市

長浜税務署

所在地:滋賀県長浜市高田町9-3
電話番号:0749-62-6144
管轄地域:長浜市、米原市

彦根税務署

所在地:滋賀県彦根市立花町5-20
電話番号:0749-22-7640
管轄地域:彦根市、愛知郡、犬上郡

水口(みなくち)税務署

所在地:滋賀県甲賀市水口町水口5587-3
電話番号:0748-62-0314
管轄地域:甲賀市、湖南市

情報参照元
国税庁(https://www.nta.go.jp/
財務省(https://www.mof.go.jp/
法務省(http://www.moj.go.jp/
法務局(http://houmukyoku.moj.go.jp/
日本司法書士会連合会(https://www.shiho-shoshi.or.jp/
日本行政書士会連合会(https://www.gyosei.or.jp/
一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター(http://www.cosmos-sc.or.jp/
滋賀県司法書士会(https://sigakai.com/
滋賀県行政書士会(http://www.gyosei-shiga.or.jp/
日本税理士会連合会(http://www.nichizeiren.or.jp/
近畿税理士会(http://www.kinzei.or.jp/
日本弁護士連合会(https://www.nichibenren.or.jp/
滋賀弁護士会(https://shigaben.or.jp/