生前の相続対策

「自分が死んだ後のことを考える」というと「縁起でもない」と思う人もいるでしょうが、残された大切な人のことを考えると、やはり生前に何か対策を考えるべきです。

このページでは生前の相続対策の重要性と、相続対策の中で代表的な方法「遺言」と「生前贈与」のメリットについてご紹介します。

生前に相続の相談・対策をすることのメリット

生前にできる相続対策はいくつかあります。

  • 自分の思いを死後もかなえたい
    自分が死んだ後も大切な人に何かしてあげたい。そんな時、「遺言」という方法があります。自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があり、それぞれ法的な効力が違いますが、専門家に相談して公正証書遺言をした方がよいでしょう。
  • 家族にとって負担の重い相続税に備える
    相続税は税率が高く、残された遺族に負担を与えるものです。「遺族が広い家を相続したのに相続税が払えず、せっかく相続した不動産を売却した」という話はよく耳にします。
    「残された遺族にふりかかる災難」ともいえる相続税。相続税の金額を抑える方法は3つあります。
  • 1.相続財産を減らす(生前贈与)
    2.法律に規定された控除・特例の活用(小規模住宅・生命保険控除・配偶者控除など)
    3.相続財産の評価額の圧縮(賃貸不動産を購入して借金しておく)

    相続財産を減らす贈与の方法はいくつかありますが、控除額や条件が毎年のように改正されるので、一般人の手に負えるものではありません。専門家の力を借りましょう。

遺言書の作成

遺言書は、その人(遺言者)が生涯をかけて築き上げてきた財産を、死後にも有意義に活用してもらうなど、遺言者の最後の意思を表した書類です。遺言書には大きく分けて「自筆証書遺言」、「公証証書遺言」、「秘密証書遺言」の3種類があります。

成年後見制度

認知症や知的障害などによって、判断能力が十分にない状態の人が生活上で不利益を被らないように、家庭裁判所の監督のもと、成年後見人が本人に代わって財産管理を行う成年後見制度。「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類があります。

生前贈与

贈与税には多くの控除制度が設けられており、非課税枠も有効に使えるため、相続税対策に有効な方法のひとつと言える生前贈与。暦年贈与という方法で、年月をかけて財産を承継していくのがオーソドックスな節税方法です。

【悩み別・相談すべき専門家】滋賀でおすすめの相続専門サイト紹介

生前の相続対策なら
司法書士・行政書士

相続遺言相談所
(司法書士法人F&Partners)
相続遺言相談所公式HP|滋賀の相続専門サイト
引用元:相続遺言相談所公式HP(http://www.souzokuigon.jp/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割

相続税の相談なら
税理士

滋賀・大津相続サポートセンター
(税理士法人北浜・中西会計)
滋賀・大津相続サポートセンター公式HP|滋賀の相続専門サイト紹介
引用元:滋賀・大津相続サポートセンター公式HP(https://www.shiga-zeirishi.jp/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割

相続トラブルの相談なら
弁護士

遺言・相続解決サポート
(あい湖法律事務所)
遺言・相続解決サポート公式HP|滋賀の相続専門サイト紹介
引用元:遺言・相続解決サポート公式HP(https://kaiketu-souzoku.com/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割