生前贈与

自分が死んだ後、家族は相続税に悩まされるかもしれない。そんな不安を感じる方は、生前贈与を考えてみませんか。生前贈与とは、自分が生きている間に財産を譲ることです。

このページでは生前贈与の3つのメリットと手続きのポイント、アドバイスできる士業とその料金の目安について解説します。

生前贈与の3つのメリット

相続税の税率は1000万円以下で10%3000万円では15%、相続する財産が多いほど税金の金額が上がります。

生前贈与のポイント

相続税節税のための贈与には、「暦年贈与の非課税枠利用」「相続時精算課税制度利用」の2種類の方法があります。

「暦年贈与の非課税枠」は1年間に110万円までの贈与なら贈与税がかからない制度。デメリットは110万円を超えると相続税よりも高い税率で贈与税がかかることです。

「相続時精算課税制度」のメリットは一度に多額の贈与ができること。デメリットは、一度使うと暦年贈与を受けられなくなることです。ただし、亡くなる3年前から行われた贈与は、「相続した部分」としてカウントされ、相続税で処理されます。

生前贈与を依頼する場合の目安となる費用

税理士事務所によって報酬は違いますが、大体の税理士報酬の相場は、遺産総額の0.5~1%と言われています。例えば、遺産総額が1億円だった場合には50~100万円が報酬の相場ということになります。

生前贈与の失敗事例

私(高野)の兄、洋介は妻子と長年別居しており、近所に住む姉の雅子と私が洋介の生活を面倒見ていましたので、妻子には相続させず、雅子と私に遺産を相続させたいと生前話しておりました。

しかし、洋介は遺言を残すことなく、他界してしまいました。そして、遺言がないばっかりに、私と雅子は洋介の遺産を相続することなく、洋介が財産を渡したくないと考えていた妻や子供に全ての遺産が渡ってしまいました。

遺産分割協議後、専門家に話を聞くと、「妻子の遺留分が存在するので、遺産全部を渡さないことは不可能だが、遺言に一言『雅子と私にも相続をさせる旨』を記しておけば、遺贈という形式で遺産は相続できました。」と話してくれました。

この話を聞き、相続して欲しい人に相続させられず、相続させたくない人に財産が渡ってしまい、洋介がかわいそうでなりません。

私は洋介に遺言を書かせなかったことを心から後悔しています。

引用元:滋賀・草津相続遺言相談センター(たけまえ司法書士事務所)の生前贈与の失敗事例(http://www.siga-sozoku.net/315/31540/)
生前贈与なら「司法書士」「税理士」「弁護士」ともに対応可能

生前贈与は、相続のケース・個々の状況によって相談先が変わります。相続税の節税対策として依頼するなら税理士不動産登記や名義変更の手続きが必要なら司法書士相続トラブルの回避や争いごとが予想されるなら弁護士に相談・依頼するのがおすすめです。

【悩み別・相談すべき専門家】滋賀でおすすめの相続専門サイト紹介

生前の相続対策なら
司法書士・行政書士

相続遺言相談所
(司法書士法人F&Partners)
相続遺言相談所公式HP|滋賀の相続専門サイト
引用元:相続遺言相談所公式HP(http://www.souzokuigon.jp/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割

相続税の相談なら
税理士

滋賀・大津相続サポートセンター
(税理士法人北浜・中西会計)
滋賀・大津相続サポートセンター公式HP|滋賀の相続専門サイト紹介
引用元:滋賀・大津相続サポートセンター公式HP(https://www.shiga-zeirishi.jp/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割

相続トラブルの相談なら
弁護士

遺言・相続解決サポート
(あい湖法律事務所)
遺言・相続解決サポート公式HP|滋賀の相続専門サイト紹介
引用元:遺言・相続解決サポート公式HP(https://kaiketu-souzoku.com/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割