相続放棄

マイナスの相続財産があった時にどう相続をするかは判断が難しいものです。できればマイナスの相続財産は引き継ぎたくないものですが、ここでは、相続放棄と限定承認について解説します。

相続放棄とは?

相続放棄という制度は、家庭裁判所に申述をして、それが認められると初めから相続人ではない形で取り扱われる法的な手続きのことを言います。

相続放棄が認められると、例えば相続財産の中に負債があったとしてもそれを引き継ぐ必要はありません。ただしマイナスの財産だけでなくプラスの財産も引き継げなくなります。

単純承認に注意

「単純承認」とは相続財産に一切の制限を持たずに全てを相続する手続きを言います。一方、「法定単純承認」とは、一定の事由に基づき単純承認が成立してしまうことを言います。例えば、良かれと思って相続財産の対象となっている不動産を修理補修したりといったことがそれにあたります。法定単純承認が成立すると相続放棄はできなくなります。

限定承認とは?

相続放棄は単純にプラスの財産もマイナスの財産も相続しないという手続きですが、限定承認という手続きは、プラスの相続財産を限度にマイナスの相続財産を相続する手続きになります。

マイナスの相続財産があって相続放棄したいところだが、プラスの相続財産にあたる不動産が自宅であるような状態には限定承認が有効になります。

財産放棄とは?

相続放棄とよく似た言葉に、遺産分割協議における「財産放棄」というものがあります。これには法的拘束力はありません。

あくまで相続人間の分割協議における話し合いの中での取り決めに過ぎず、相続財産の中にマイナスの相続財産として負債があった場合、債権者からの請求があればそれに応じる必要があります。

相続放棄なら「司法書士」もしくは「弁護士」に依頼

マイナスの相続財産があった時にどう相続をするかは判断が難しいものです。費用がかかるからと専門家に相談せずに手続きしたことで、大変な事態に陥るケースも多くあります。

相続放棄を専門分野とする弁護士と司法書士では、代理権の範囲に差があります。司法書士の場合、書類作成は可能ですが、書類作成の代理権しか持たないため、各書類に本人の署名押印が必要となります。

一方、弁護士の場合は完全な代理権があるため、弁護士名での申述が可能。書類送付や作成も弁護士が対応できるため、依頼人にかかる負担は軽減されます。

相続放棄の内容によっては、一概にどちらが良いとは言えないため、安易に判断せず専門家の指示を仰ぎましょう。

【悩み別・相談すべき専門家】滋賀でおすすめの相続専門サイト紹介

生前の相続対策なら
司法書士・行政書士

相続遺言相談所
(司法書士法人F&Partners)
相続遺言相談所公式HP|滋賀の相続専門サイト
引用元:相続遺言相談所公式HP(http://www.souzokuigon.jp/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割

相続税の相談なら
税理士

滋賀・大津相続サポートセンター
(税理士法人北浜・中西会計)
滋賀・大津相続サポートセンター公式HP|滋賀の相続専門サイト紹介
引用元:滋賀・大津相続サポートセンター公式HP(https://www.shiga-zeirishi.jp/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割

相続トラブルの相談なら
弁護士

遺言・相続解決サポート
(あい湖法律事務所)
遺言・相続解決サポート公式HP|滋賀の相続専門サイト紹介
引用元:遺言・相続解決サポート公式HP(https://kaiketu-souzoku.com/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割