相続財産調査

相続人調査に続いて行う「相続財産調査」とは?相続できる財産、あるいは相続できないものもあるのか。相続財産調査に関する疑問を解説していきます。

相続財産になるものならないもの

相続人調査が終わったら次に行うことは、相続する財産を把握することです。 相続人調査と同じくらい重要なもので「財産目録」というものを作成していきます。

個人の所有する財産には相続財産に当たるものと当たらないものがあります。それを判断してまとめていくことが相続財産調査をしていく上で重要になります。

みなし相続財産

本人名義の預貯金口座や不動産といったものであれば相続財産であることはすぐわかります。相続財産の中にはみなし相続財産というものがあり生命保険の保険金や死亡退職金等がこれにあたります。

みなし相続財産は民法上では相続財産に含まれませんが、税法上では相続財産として扱われ相続税の課税対象になります。

マイナスの相続財産

必ず確認しておくべき相続財産は借金などのマイナスの相続財産です。借入をしていたり連帯保証人になっていたりなどはないか必ず確認しましょう。

住宅ローンの返済については団体信用生命保険に入っていればローン完済できるので問題ありません。クレジットカードの未払金や税金の滞納分なども相続財産にあたります。

相続財産にならないもの

個人が持っていたものでも相続財産に当たらないものもあります。例えば誰かの身元保証人であったり生活保護受給権者であったりしてもその権利は引き継がれませんし、課税の対象にもなりません。

また、墓石や墓地も相続財産にはあたらず、生前に建てたお墓は、その土地を含め、墓石等は課税対象にはなりません。

相続財産調査なら「司法書士」「弁護士に依頼

相続財産調査は相続人調査と同じくらい大事なものです。相続財産の判断は専門的な知識を要する部分もあり全体像を把握するのは難しい作業です。不動産登記や名義変更の手続きをする司法書士相続トラブルや遺産分割で揉めそうなときは弁護士に相談して進めることがポイントです。

【悩み別・相談すべき専門家】滋賀でおすすめの相続専門サイト紹介

生前の相続対策なら
司法書士・行政書士

相続遺言相談所
(司法書士法人F&Partners)
相続遺言相談所公式HP|滋賀の相続専門サイト
引用元:相続遺言相談所公式HP(http://www.souzokuigon.jp/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割

相続税の相談なら
税理士

滋賀・大津相続サポートセンター
(税理士法人北浜・中西会計)
滋賀・大津相続サポートセンター公式HP|滋賀の相続専門サイト紹介
引用元:滋賀・大津相続サポートセンター公式HP(https://www.shiga-zeirishi.jp/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割

相続トラブルの相談なら
弁護士

遺言・相続解決サポート
(あい湖法律事務所)
遺言・相続解決サポート公式HP|滋賀の相続専門サイト紹介
引用元:遺言・相続解決サポート公式HP(https://kaiketu-souzoku.com/)
  • 遺言書
  • 生前贈与
  • 相続税申告
  • 相続税対策
  • 遺留分
  • 遺産分割